So-net無料ブログ作成

理研の小保方さん上司の笹井氏 自殺か。 [時事ネタ]

5日午前、小保方氏の上司である、理化学研究所の笹井副センター長が自殺を図ったとみられる。

兵庫県警察本部によると、5日午前9時すぎ、神戸市にある理化学研究所発生・再生科学総合研究センターから通報があり、警察官が駆けつけたところ、センターの建物の4階と5階の踊り場で笹井副センター長が首をつっているのが見つかった。
理化学研究所の広報によると、秘書の机の上には笹井副センター長が書いた遺書のようなものがあったという。

笹井氏は昭和61(1986)年に京都大医学部を卒業し、内科の研修医を経て京大大学院へ進学。神経伝達物質の研究で知られる中西重忠教授(当時)に師事し、博士号を取得した。平成10(1998)年には、36歳の若さで京大再生医科学研究所の教授に就任した。その後、理研発生・再生科学総合研究センターに移り、23年にはマウスの胚性幹細胞(ES細胞)から立体的な網膜を作製。世界初の成果として注目を集めるなど、日本の再生医療研究で先駆的な役割を果たしていた。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 1

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。